【デートや女子旅に!】福岡市で穴場のおしゃれスポット!

今回は福岡市で穴場の観光スポットをご紹介します。

福岡市には「海の中道海浜公園」や「櫛田神社」、ショッピングや映画なども楽しめる複合施設の「キャナルシティ博多」など、押さえておきたい観光スポットがたくさん!さらには、人気の博多や天神エリア周辺の繁華街には、おしゃれなファッションビルや飲食店がずらりと並んでいるので、ショッピングだけでなくグルメも満喫できます。そんな人気の福岡市ですが、まだまだ魅力あふれる穴場スポットがたくさんあります。
この記事では、女子旅で訪れたいフォトジェニックな場所をピックアップしました。
いつもとは違う福岡の街を楽しみたい方は、ぜひ参考にしてくださいね。

※掲載情報は2020年3月時点のものです。

福岡アジア美術館

引用:公式facebook

福岡のおしゃれスポットの一つ、博多リバレインの7階・8階にあるのが、福岡アジア美術館です。

世界で唯一、アジアの近現代の美術作品を収集している専門の美術館。アジアの拠点都市としての役割を果たしてきた、福岡市ならではの先進的な取り組みとして誕生しました。世界も注目する美術館は、質の高いアジアの近現代の作品を広範囲に展示していることから、世界中のどこにもない独自性の魅力があります。
美術に関心がある方は、福岡を訪れたらぜひ立ち寄って欲しいスポットです。女子旅にもピッタリですよ!

アクセス

福岡アジア美術館の基本情報

住所:福岡県福岡市博多区下川端町3-1リバーレインセンタービル78F
電話番号:092-263-1100
営業時間:9:3019:30(金曜日・土曜日は20:00まで)
定休日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(1226日~11)
料金:入館料無料
アジアギャラリー観覧料: (個人)一般200円、高・大生150円、中学生以下無料
アクセス:JR博多駅・博多口から徒歩1
駐車場:リバーレインセンタービル地下4(有料)
公式HP: https://faam.city.fukuoka.lg.jp/

福岡市赤煉瓦文化館

引用:福岡市の文化財

福岡市内の穴場スポットといえば、明治時代に建てられた福岡市赤煉瓦文化館です。

19世紀のイギリスの建築に似た、赤煉瓦の建物がそのままの姿で佇んでいます。
19942月から有料の会議室を備えた施設としてオープンしました。さらに2019821日に、エンジニアの交流拠点やCafeBarなどの新機能が加わってリニューアルオープン。
素敵な外観だけでなく、内部も無料で公開されています。公開時間は9時~21時までとなり、夜間はライトアップされているのでロマンティックな雰囲気が漂っています。趣のある建物が近代的なビルに建て替えられていく中、大切に守られてきた赤煉瓦文化館は古き良き時代の日本を肌で感じられるスポットの一つです。
館内に併設されている「CafeBarHand anything」では、コーヒーや軽食、クラフトビールなども味わえます。CafeBarの営業時間は11時~21時で、赤煉瓦文化館の公開時間よりオープンが遅いので注意してください。

アクセス

福岡市赤煉瓦文化館の基本情報

住所:福岡県福岡市中央区天神1-15-30
電話番号:092-722-4666
営業時間:9:0022:00
定休日:毎月最終月曜日(祝日の場合は翌日)1229日~13(年末年始)
料金:無料
アクセス:地下鉄天神駅から徒歩5
福岡市HP: http://bunkazai.city.fukuoka.lg.jp/

楽水園

引用:公式facebook

賑やかな博多エリアのビルの合間にある素敵な日本庭園が、楽水園。
観光スポットとして有名なキャナルシティ博多と住吉神社のすぐ近く、JR博多駅から徒歩12分の場所にあります。

1906年に博多商人の下澤善右衛門・親正(しもさわぜんえもん・ちかまさ)が建てた別荘跡地を、1995年に福岡市が整備して日本庭園が開園しました。近代的な建物が並ぶ博多の街に突如現れる博多堀と緑の空間は、古き良き時代の姿のまま、時が止まっているような不思議な感覚に陥ります。
緑豊かな庭園へ行くと水琴窟があります。柄杓で水を流して、落ちる水滴に合わせて聞こえる癒しの音に耳を傾けてはいかがでしょう。身も心もリフレッシュできますよ。
中庭から池泉回遊式(ちせんかいゆうしき)の日本庭園へ向かうと、池の鯉や庭園に造られた滝を眺められます。博多の街で歩き疲れたら、静かな庭園で一休みしませんか。園内の茶室では抹茶(300)も味わえます。
園内の至る場所で、博多商人の「粋」が感じられる貴重な日本庭園は、都会の中のオアシスといっても良いでしょう。

アクセス

楽水園の基本情報

住所:福岡県福岡市博多区住吉2-10-7
営業時間:9:00~17:00
定休日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、12月29日~1月1日
料金:大人100円、子供50円
アクセス:JR博多駅より徒歩約12分
公式HP:http://rakusuien.net/

アクロス福岡・ステップガーデン

引用:公式ホームページ

福岡市の中心地で緑に癒されたい方におすすめのスポットが、アクロス福岡。
地下鉄天神駅より徒歩5分の場所にあります。

施設内には、シンフォニックホールや国際会議場のほかに、中華料理や定食が美味しいと評判の飲食店が入っているので休憩ランチにおすすめです。
ひときわ目立つおしゃれなステップガーデンは、別名「アクロス山」と呼ばれ、眼下にある天神中央公園と、まるで一体化しているように見えます。ガーデン内には、九州各地の四季折々の植物が植えられ、天神中央公園の緑がステップガーデンの最上階まで、続いているように見えるのが特徴!
実は、地元の人でも「アクロス山に登れる」というと驚く人もいる穴場は、知る人ぞ知る絶景スポットです。最上階の展望台からは、360°の大パノラマで福岡の街並みを眺められ、天候に恵まれると宝満山や脊振山も見えますよ!

アクセス

アクロス福岡・ステップガーデンの基本情報

住所:福岡県福岡市中央区天神1-1-1
電話番号:092-725-9111
営業時間:10:00~18:00
3月〜10月)/9:0017:0011月〜2月)
定休日:12月29日~1月3日
アクセス:地下鉄天神駅より徒歩5分
公式HP:https://www.acros.or.jp/

博多町家ふるさと館

引用:公式ホームページ

歴女におすすめのスポットが、「博多町家ふるさと館」です。
祇園駅から徒歩4分の、有名観光スポット櫛田神社の正門前にあります。

高層ビルが建ち並び、多くの人で賑わう福岡の街の中にありながら、明治時代や大正時代の博多を肌で感じられます。
博多っ子文化の博多祇園山笠の動画が鑑賞できる展示棟、博多織の実演の見学や、博多伝統工芸の絵付け体験ができる町家棟があるので、歴史マニアにとってはたまらないスポットです。みやげ処では、博多の銘菓にお祭りグッズなど、福岡ならではのお土産が豊富に揃っています。
博多の暮らしと文化を楽しく学べる空間で、見学だけでなく絵付け体験にも参加してはいかがですか。貴重な女子旅の思い出が一つ増えるはずです。

アクセス

博多町家ふるさと館の基本情報

住所:福岡県福岡市博多区冷泉町6-10
電話番号:092-281-7761
営業時間:10:00~18:00
定休日:12月29日~12月31日
 
アクセス:祇園駅より徒歩4分
公式HP:http://www.hakatamachiya.com/

野河内渓谷の自然遊歩道(のごうちけいこく)

引用:早良区ホームページ

福岡市内で思いきり自然を体感したい方には、野河内渓谷(のごうちけいこく)がおすすめ。
福岡市内唯一の渓谷では、滝や奇岩などが作り出す独特の景観を眺められます。

整備された遊歩道を散策していると、マイナスイオンをたっぷり浴びて川のせせらぎに癒されるので、身も心もリフレッシュできます。
夏場は涼しいことから避暑地としても大人気のスポットですが、秋の紅葉など自然が織りなす美しい景色も見逃せません。四季折々に変化する野河内渓谷の景観は、まさに絶景!
ぜひカメラ片手に訪れてみませんか。訪れるたびに違う表情に出会えるはずです。遊歩道が整備されていますが、履きやすい靴を準備してください。

アクセス

野河内渓谷の自然遊歩道の基本情報

住所:福岡県福岡市早良区飯場
アクセス:西鉄バス停「曲淵」下車し、徒歩約15分(山里料理・滝やま荘が目印)

早良区HP:http://www.city.fukuoka.lg.jp/sawaraku-tamatebako/

能古島

引用:のこのしまアイランドパーク

女子旅やデートにおすすめのスポットが、「能古島」です。
博多や天神のバスターミナルから約40分の場所にある姪浜渡船場からフェリーに乗船し、約10分で到着します。

訪れるたびに表情をガラリと変える能古島は、まさに自然の楽園。絶景スポットが至る所にあるので、カメラ片手に思い出に残るような素敵な時間をお過ごしください。
能古島をまるごと楽しみたい方は、なるべく早い時間に訪れることをおすすめします。

のこのしまアイランドパーク

美しい花々を堪能したいときには、港近くにあるバス停からバスに乗って「のこのしまアイランドパーク」を目指してください。バスに揺られ15分で到着します。
アイランドパークの目玉は、真っ青な海と空をバックに四季折々に咲き誇る花々を眺められるところです!園内にあるパノラマ花壇では、代名詞の秋のコスモス、冬の日本水仙、春には菜の花のほかに、色鮮やかなデイジー、夏には輝くように美しいひまわりを眺められます。

恋の観音様

カップルや女子旅で訪れたら「恋の観音様」は外せません。多くの人が、大切な人との恋が成就するように絵馬を奉納しています。絵馬は喫茶夢路のテラスで通常の形のものと、ハート型の2種類を購入可能です。

アクセス

能古島の基本情報

住所:福岡県福岡市西区能古1624
アクセス:天神バスターミナルから約40分、博多駅のバスターミナルから約40分で姪浜渡船場に到着。姪浜渡船場より能古島渡船場行きのフェリーに乗船し約10
フェリーの料金:往復・大人460円、子供(1歳~小学生)230
大人1人につき子供1名は無料

【のこのしまアイランドパーク】
電話番号:092-881-2494
営業時間:(9:0017:30※3月~11月の日・祝日は18:30)
定休日:無休
入園料:大人1,200円、小・中学生600円、3歳以上400
公式HP:http://nokonoshima.com/

まとめ

日本を代表する人気観光地の福岡市。一度は住んでみたい街としても人気があります。
本州からのアクセスもよく、福岡ならではの美味しいグルメもたくさんあるため、ご当地グルメが目的で福岡を訪れる人も多いのではないでしょうか。今回は、福岡市の人気観光スポットや福岡グルメではなく、趣のある穴場スポットを厳選してご紹介しました。魅力満載のスポットばかりです。ぜひ、新たな観光スポットを巡ってみませんか。

編集部

関連記事